*

楽器は何歳からだって始められるということ

公開日: : News

元記事:東京新聞 いくらかかる?50歳からの人生 楽器演奏に挑戦
爺さんになっても楽器を吹くというのが実は目標だったりする私ですが、とりあえず吹奏楽器を続けていける体を維持できれば命も長かろうという算段でもあります。というのは、手術入院の際、楽器やめなきゃいけないと、半ばあきらめていました。出来そうなのは弦楽器だけど今からバイオリンはきついし、何しようとか消灯時間の後に考えてみたり。
しかし、いざ術後に聞いてみると「むしろ吹いた方が吉」というお墨付きが。体に良い趣味だそうです。
そういえば、肺の能力を回復するリハビリ器具も、スピロメータチックでしたな。


参照先ではヤマハミュージック横浜店の「大人の音楽教室」が紹介されていました。新橋とかにスタジオもできましたし、一番の有名どころですね。
  [参照サイト]ヤマハ大人の音楽レッスン
しかし、「大人の音楽教室」ってYAMAHAの商標かなんかかと思ってたらそうでもなくて、検索したら色々な所でやってるみたいです。終生のお供に楽器はいかがですか。
  [参照サイト]Google 検索: 大人の音楽教室

関連記事

no image

6歳~18歳の“未来のクラシック・ファン”を無料でコンサートにご招待

「クラシックのない人生なんて!」「きっと・・・見つかる。」をテーマとして、クラシックにまだ接したこと

記事を読む

no image

刑事ドラマファン&ラッパ吹き必聴CD fromシエナ・ウインド・オーケストラ

[/caption] シエナ・ウインド・オーケストラ(Siena Wind Orchestra

記事を読む

no image

花からアウトプット

参照先:スラッシュドット ジャパン | 花そのものが震えて歌う「花スピーカーアンプ」 花をスピーカー

記事を読む

no image

アレルギーと細菌の両天秤

参照元:CNN.「アレルギー増加は抗生物質に原因と 米研究 」 抗生物質によって、体内の免疫システム

記事を読む

no image

揺るがなきハイノートの秘密

1928年4月4日にモントレーに生を受け、現在70歳を越えてもなを輝かしいトーンと凄まじいハイノー

記事を読む

no image

横浜スタジアム鳴り物拡大計画

以前に、巨人応援にはトランペットはまずい?という記事を書きましたが、堀内監督が鳴り物の応援は自粛して

記事を読む

no image

サックスの昨年の出荷数量は1万5662本で、3年前から約4000本も増えたそうです。

産経Webより、【ポップス】ブラスが“主役”の時代!?という記事が。 ブラスをバックミュージシャンと

記事を読む

no image

福岡ブルーノートが「ビルボードライブ福岡」として復活

元記事:旧「福岡ブルーノート」にビルボードのライブ&レストラン - 天神経済新聞 - 広域天神圏のビ

記事を読む

no image

輸入版CDのシールを簡単に&現代のFreddie

元記事:Discaholic Funkyjedi: 輸入盤のセキュリティシールの剥がし方 輸入物CD

記事を読む

no image

10月7日・8日は芝公園で日野皓正氏が聞ける

2006年10月7日(土)/ 11:00~17:00 2006年10月8日(日)/ 10:00~16

記事を読む

  • ラッパ・その他用品のメーカーのWebサイトを"約60サイト集めてみました。セレクトボックスから選択すると該当ページにジャンプします。

    それでも見つからない方はこちらへ…
    ITG Links:Trumpet and Mouthpiece Makers

PAGE TOP ↑