*

AIはトランペットの世界にどんな変化をもたらすのか?

公開日: : News

YAMAHAが、人工知能(AI)と人間が楽器演奏で“共演”できる開発中のシステムを、二十七~二十九日に東京で開かれる展示イベント「デジタルコンテンツEXPO2017」に出展するそうです。

内容を見ると、演奏者のクセを読み取って伴奏してくれるもののようで、いわゆるAIっぽいものというよりは、学習機能つき伴奏システムのような物のようです。

まだまだこれではインパクトは少ないと思いますが、これからトランペット含め音楽の世界はどのようになっていくのかは興味深いです。エレクトロニカ的なものはAIで新たな表現が生まれるでしょうし、大衆音楽POPSを見ていると、セオリーがあるので自動化という道も見えています。

少なくとも人間そっくりで違和感のない演奏ロボットが出るまでは、生演奏に対しての価値は継続すると思いますが、ビッグデータを基に大衆向けの音楽を作るなどとなると、既に一部は機械化されているようですから、AIが食い込んでくる日は近いでしょう。

トランペットの場合、音源では再現できないですし、吹き方も奏者によって微細異なりますので、AIとは遠いように思いますが、空気の出し方などをコピーするのは難しくない、だとすると、生演奏もまたロボットが行っていく時代になるのかもしれません。

本当の意味で「趣味」「余暇」のものになるのかもしれませんね。

関連記事

no image

即興演奏オーケストラ

PRONWEB WATCH : Pressrelease :から。 オランダの即興演奏オーケストラ、

記事を読む

no image

Trombone-Index祝 開設4周年[元記事]

トロンボーン吹きの玄関口、Trombone Indexが、9月19日でめでたく4周年を迎えたそうです

記事を読む

no image

Pe’z再始動!そしてアレンジ版ベストアルバム発売

Pe'z再始動!そしてアレンジ版ベストアルバム発売だそうです(Amazonで予約受付中)(^_^)

記事を読む

no image

NHK主席トランペット津堅直弘氏、2月で定年

32年間N響で吹き続けられた津堅氏が定年とのことです。 NHK交響楽団定年、32年振り返る 県

記事を読む

no image

ジャズ&ラテンのビッグバンドライブにペア25組ご招待 by現代NET

元記事:GENDAI NET for WOMAN 210 “森寿男とブルーコーツ”と“有馬徹ノーチェ

記事を読む

no image

最近の河合楽器

元記事:中日新聞 河合楽器が、今期の中間連結決算で経常利益が65%アップと発表しました。売上高自体

記事を読む

no image

YAMAHA新モデル8310Z

元記事:Yamaha Corporation of America - YTR-8310Z YAMA

記事を読む

no image

TOYOTA万博ショーは”CONCERO”

自然と科学技術が融和した愛知万博―ロボットが活躍する博覧会によると、トヨタのロボットは、8台のロボッ

記事を読む

no image

ブルーノート東京が、この秋、16周年

元記事;ブルーノート東京16周年!ご招待あり (2004/10/15):OngakuDB.com 青

記事を読む

no image

巨人応援にはトランペットはまずい?

参照左記;SANSPO.COM 巨人の堀内監督が、鳴り物の応援は自粛して欲しいとのことです。 吹奏楽

記事を読む

  • ラッパ・その他用品のメーカーのWebサイトを"約60サイト集めてみました。セレクトボックスから選択すると該当ページにジャンプします。

    それでも見つからない方はこちらへ…
    ITG Links:Trumpet and Mouthpiece Makers

PAGE TOP ↑