*

スイングジャーナル(Swing Journal)が『JAZZ JAPAN』として再出発?

公開日: : 最終更新日:2010/09/11 News

スィングジャーナルただでさえ少ないジャズ系雑誌、そして超老舗ということで多方面に波紋を広げていた『Swing Journal』の休刊。

理由としては、他の雑誌と同様、広告出稿が減り収支がとれなくなったことが大きかったようですが、編集長を務めた三森隆文氏が新たな形での再創刊を考えているそうです。
雑誌の名前は『Jazz Japan』。日本のJAZZですね。

もともと『Swing Journal』自体も、海外の話題がほとんどになりがちなJazz界隈の中で、積極的に日本人を紹介してきた流れがあります。
(→ SwingJournalのバックナンバー(中古品)の在庫はこちら

それをもっと追求したいという姿勢の表れなのかもしれません。
また、今までのような出版流通形態以外にも電子書籍やWEBサイトからのアプローチ、課金形態も考えているとのことです。
とはいえノウハウの無いところからのスタートになりますし、どこかと提携するにしても資金がいりますので、スロースタートになるのではと思いますが、JAZZファンとして注目していきたいですね。
せっかく電子書籍にするなら、書籍を見ながらすぐにワンクリックで試聴できるですとか、関連楽曲へのリンクを飛ばすですとか、iTunesMusicStoreという課金プラットフォームをバックに考えているなら、そんなことができるとうれしいんじゃないかなと思います。
後は、『Swing Jounal』を読んでいたようなおそらく年配層が、どのくらい電子書籍を好むか。
ある種時代の流れに乗らない部分が好きな層というのは多い気がするので、思い切って若者向けに振るか、既存読者をまず大事にするかの見極めをきちんとしないと、虻蜂取らずになりそうですね。

【ネタ元】

関連記事

no image

有名ブランドはiPodにも目をつける

参照:iPodブームに便乗する有名ブランド--グッチやプラダから専用ケース - CNET Japan

記事を読む

no image

ビル・ワトラスはやっぱり圧倒的だった

元記事;ワールド・プロジェクト・ジャパン  ~ 合奏音楽のための国際音楽プロダクション ~: トラン

記事を読む

no image

Trombone-Index祝 開設4周年[元記事]

トロンボーン吹きの玄関口、Trombone Indexが、9月19日でめでたく4周年を迎えたそうです

記事を読む

no image

揺るがなきハイノートの秘密

1928年4月4日にモントレーに生を受け、現在70歳を越えてもなを輝かしいトーンと凄まじいハイノー

記事を読む

新春ズーラシアンブラスの動画

日本の動物園と水族館の動画を撮影する「ずぶろぐ ZooBlog ( 動物園の動画ブログ )」というブ

記事を読む

no image

もう虫歯とはおさらば?

参照先:冷麺 | 【歯医者】この世から虫歯が無くなる!?【大恐慌】 元々記事はこちらかもしれない。

記事を読む

no image

筋ジストロフィーでもラッパを吹きたい

元記事;山陰中央新報 - 難病の高校生がトランペット演奏 ホーキンス博士やマイケル・J・フォックスで

記事を読む

no image

YAMAHAドラム40周年記念モデルは純和風

トランペットではありませんが、かなりのインパクトだったのでご紹介。 YAMAHAがドラムを売り出した

記事を読む

no image

JASRACを騙る者達

元記事:Japan.internet.com Webビジネス - 「JASRAC」を名乗る架空請求に

記事を読む

no image

スウィングガールズのモデル校インタビュー

元記事:asahi.com : MYTOWN : 長野 モデルになった3校のうちの1校が北佐久郡立科

記事を読む

  • ラッパ・その他用品のメーカーのWebサイトを"約60サイト集めてみました。セレクトボックスから選択すると該当ページにジャンプします。

    それでも見つからない方はこちらへ…
    ITG Links:Trumpet and Mouthpiece Makers

PAGE TOP ↑