*

のだめカンタービレ、着うたにドラマにアニメと急速展開中。

公開日: : News

元記事:音楽サイト BARKS – のだめオーケストラ : 新月9『のだめカンタービレ』の楽曲を毎週着うた(R)配信!
昨日から始まった『のだめカンタービレ』TVドラマ。急速展開中ですねっ。
2007年1月からは深夜枠ですがアニメ化らしいですね。はちクロと同じ枠らしいです。
その劇中で使われた曲が、放送終了直後から着うた(R)として毎回配信されるとのこと。着うた(R)の詳細はのだめオーケストラ::Mobileのページからどうぞ。
今回の第1話はBARKSの記事によると

■10月16日第1回配信楽曲(番組放送後22:15~配信開始)
1.(OP曲) ベートーヴェン:交響曲第7番 第1楽章 (のだめオーケストラ ヴァージョン)
2.(ED曲) ガーシュウィン:ラプソディ・イン・ブルー エンディングヴァージョン
3.ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第8番 「悲愴」 第2楽章 (のだめ ヴァージョン)
4.モーツァルト:2台のピアノのためのソナタ ニ長調 第1楽章 のだめ・千秋ヴァージョン

 
が配信。EDテーマ、ガーシュインなんですねぃ。


ちなみに劇中で演奏しているオーケストラは、「のだめオーケストラ」という名前で結成されているそうです。オフィシャルサイトはnodame-orcheです。東京都交響楽団の推薦メンバー70名に、オーディションで選出された90名を加えた総勢160名という面子とのこと。
Rhapsody in Blue はジャズ風味なので、気になって着うた(R)を落としてみました。
…最近の携帯って凄いのねぇ(そこかよ)かなりアグレッシブな感じです。
ちなみに元のガーシュインっぽいのはAmazonのこのへんから視聴できます。
 #Gershwin: Rhapsody in Blue; Concerto in F; An American in Paris
最初のクラのグリッサンドがあるとRhapsodyって感じがする(なんだそれ)
 
 
【関連サイト】
 ・のだめオーケストラ オフィシャルサイト
 ・Yahoo! JAPAN – のだめカンタービレ特集
 ・Amazonにある、のだめカンタービレ商品リスト
 ・のだめカンタービレオフィシャルサイト
 ・@TOWER.JPキャンペーン「のだめカンタービレ」

関連記事

no image

胃が痛いのでライブに行こう

今日も寒いですが、今週は延々と寒いらしいですな…('A`) 花粉症もあいまって、楽器を吹きに行く気が

記事を読む

no image

秋吉敏子Jazz Orchestra解散へ

元記事:Beats21 - 30年の歴史に幕、秋吉敏子Jazz Orq.のラスト・ライブ またJaz

記事を読む

no image

「PE’Z」のCDを出荷停止=編曲めぐるトラブル

元記事:Yahoo!ニュース - 社会 - 時事通信 転載するとこんな感じです。 「PE’Z」のC

記事を読む

no image

台北オーケストラ公演

参照先:eTaiwanNews.com/Taipei orchestra ready for tou

記事を読む

no image

気仙沼の「カンノ楽器」さん、津波をかぶった楽器を分解修理…

福島県が母方の実家である自分にとって、本当にありがたいと同時に勇気づけられるお話でした。 被災にめ

記事を読む

no image

日本オーケストラ連盟が事業仕分けを批判

日々ニュースをにぎわしている事業仕分けですが、決して音楽界にも無縁な話ではありません。 ▼日本

記事を読む

no image

お風呂で音楽に気をつけろ

元記事:ITmedia ライフスタイル:3000円で“ご機嫌バスタイム”、ビクターの「SP-AW30

記事を読む

no image

スウィングガールズのモデル校インタビュー

元記事:asahi.com : MYTOWN : 長野 モデルになった3校のうちの1校が北佐久郡立科

記事を読む

no image

サイト内検索でございますが

直るまでは トランペット ブログの過去記事一覧 から"Ctrl+F"あたりで検索するのが一番現実的か

記事を読む

no image

ビル・ワトラスはやっぱり圧倒的だった

元記事;ワールド・プロジェクト・ジャパン  ~ 合奏音楽のための国際音楽プロダクション ~: トラン

記事を読む

  • ラッパ・その他用品のメーカーのWebサイトを"約60サイト集めてみました。セレクトボックスから選択すると該当ページにジャンプします。

    それでも見つからない方はこちらへ…
    ITG Links:Trumpet and Mouthpiece Makers

PAGE TOP ↑